2018年4月21日土曜日

Santana - Moonflower






Album:  Santana ‎– Moonflower (ムーン・フラワー)
Artist: Santana (サンタナ)
Label: CBS/Sony
Released: 1977
Wikipedia article: サンタナ
                                  Santana (English)               
公式サイト: SANTANA - The Official Carlos Santana Web Site (English)






Tracklist

Side 1
Dawn
Go Within
Carnaval
Let The Children Play
Jugando
I'll Be Waiting
Zulu

Side 2
Bahia
Black Magic Woman
Gypsy Queen
Dance Sister Dance (Baila Mi Hermana)
Europa (Earth's Cry Heaven's Smile)

Side 3
She's Not There
Flor D'Luna (Moonflower)
Soul Sacrifice
Head, Hands & Feet (Drum Solo)

Side 4
El Morocco
Transcendance
Savor
Toussaint L'Overture


ロック史上にラテン・ロックという新しいジャンルを確立したサンタナによる77年作品『ムーン・フラワー(夜顔)』。
ライブの躍動感とスタジオ録音の組み合わせが絶妙なアルバムとなっています。

タメの効いたギターとラテンパーカッションが冴える『Black Magic Woman/Gypsy Queen』等々、哀愁のギタリストと呼ばれたサンタナの心の響きが聴こえてくる名曲達です。
是非聞いてみて下さい。



















2018年4月20日金曜日

Led Zeppelin - Led Zeppelin IV





Album:  Led Zeppelin ‎– Led Zeppelin IV (レッド・ツェッペリン IV)
Artist: Led Zeppelin (レッド・ツェッペリン)
Label: Atlantic
Released: 1971
Wikipedia article: レッド・ツェッペリン
                                  Led Zeppelin (English)
                 
























Tracklist

Side 1
Black Dog(ブラック・ドッグ)
Rock & Roll(ロックン・ロール)
The Battle Of Evermore(限りなき戦い)
Stairway To Heaven(天国への階段)

Side 1
Misty Mountain Hop(ミスティ・マウンテン・ホップ)
Four Sticks(フォア・スティックス)
Going To California(カリフォルニア)
When The Levee Breaks(レヴィー・ブレイク)


レッド・ツェッペリン4枚目のアルバム。
テレビ上では殆ど演奏しなかったが彼らはクラブ等での演奏を通じ自らの”音”を広げた。
アルバムには正式なタイトルがなく、その上ジャケットには文字がひとつもなくて当時は衝撃を受けたものでしたが、表裏に描かれた絵がこのアルバムの”音”でもあり、文字を追うな、見て、聴いて感じろ、ということだったのかもしれません。

このアルバムの中の『天国への階段(Stairway To Heaven)』は今聴いてもドラマチックでロックシーンの中でも名曲中の名曲だと思います。



2017年11月18日土曜日

Peter Frampton ‎- Frampton Comes Alive!




Album: Frampton Comes Alive! (フランプトン・カムズ・アライヴ!)
Artist: Peter Frampton (ピーター・フランプトン)
Label: A&M Records
Released: 1976
Wikipedia article: ピーター・フランプトン
                                  Peter Frampton (English)
                       








Tracklist

Something's Happening
Doobie Wah
Show Me The Way
It's A Plain Shame
All I Want To Be (Is By Your Side)
Wind Of Change
Baby, I Love Your Way
I Wanna Go To The Sun
Penny For Your Thoughts
(I'll Give You) Money
Shine On
Jumping Jack Flash
Lines On My Face
Do You Feel Like We Do
  


愛らしい容姿と美しくカールしたブロンドヘアーが印象的、甘くて親しみやすい歌声でファンを魅了したピーター・フランプトン。

1976年に発売されたアルバムは2枚組にも関わらず世界中でなんと1,500万セットも売れ、ライブアルバムでは今でも誰も破ることができない記録となっています。
このアルバムからシングルカットされた『Show Me The Way』は大ヒットし『Baby, I Love Your Way』は何人かのミュージシャンがカバーしたものでした。

最近発売されたDVD『Live in Detroit』ではカーリーヘアは短い白髪になりアイドルの面影はありませんが、年輪を刻んだボーカルとギターの泣きっぷりが新しい魅力を醸し出しています。




あと一歩でエリック・クラプトンの領域に達する、、、かも!



2017年7月13日木曜日

Derek & The Dominos - In Concert


 Derek & The Dominos ‎– In Concert - front



Album: In Concert
Artist: Derek & The Dominos (デレク・アンド・ザ・ドミノス)
Label: RSO
Released: 1973

Wikipedia article: デレク・アンド・ザ・ドミノス
                                  Derek & The Dominos (English)
                       






Tracklist

DISK ONE
1. Why Does Love Got To Be Bad(恋は悲しきもの)    
2. Got To Get Better In A Little While    
3. Let It Rain(雨よ降れ)    
4. Presence Of The Lord    

DISK TWO
1. Tell The Truth    
2. Bottle Of Red Wine    
3. Roll It Over    
4. (a)Blues Power
   (b)Have You Ever Loved A Woman(愛の経験)    
  

クラプトンが結成したデレク・アンド・ザ・ドミノス、解散後の1973年に突如リリースされた
ドミノス唯一の二枚組ライヴアルバムです。
今のように自信をもって歌うスタイルではないものの、この時代の方がクラプトンのギタープレイや
エネルギッシュなボーカルが聴こえてくる貴重な音源。
名曲『プレゼンス・オブ・ザ・ロード』、クラプトンのヴォーカルはバンド音の奥にあるのですが
歌いっぷりは見事だしギター・ソロの音は一音一音と力強く感情がこもっていて素敵です。

、、、恥ずかしい話ですがむかし、むかーしの話で
私がアマチュアバンドをやっていた頃好んでよく演奏したものです。


2017年6月18日日曜日

King Crimson ‎- In The Court Of The Crimson King (An Observation By King Crimson)





Album: In The Court Of The Crimson King (subtitled An Observation By King Crimson)
          (邦題: クリムゾン・キングの宮殿)
Artist: King Crimson (キング・クリムゾン)
Label: Atlantic
Released: 1976
Official Website: King Crimson Official Website (Japan) (日本語)
Wikipedia article: キング・クリムゾン
                                 King Crimson (English)
                       




                       

Tracklist

SIDE 1 
1. 21st Century Schizoid Man (Including Mirrors)
   (21世紀の精神異常者)
2. I Talk To The Wind (風に語りて)
3. Epitaph (Including March For No Reason and Tomorrow And Tomorrow)
   (エピタフ 墓碑銘) (理由なき行進 明日又明日)

SIDE 2
1. Moonchild (Including The Dream and The Illusion)
   (ムーン・チャイルド) (ドリーム 幻想)
2. The Court Of The Crimson King
   (Including The Return Of The Fire Witch and The Dance Of The Puppets)
   (クリムゾン・キングの宮殿) (帰ってきた魔女 あやつり人形のおどり)   



ビートルズが解散騒動を引き起こしていた1969年、イギリスで偉大なロックバンドが生まれた。
『キング・クリムゾン』、その先進的バンドによるファースト・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』です。

彼等の壮大で叙情的なサウンドはピンク・フロイドと同様
後のロック界に大きな影響を与えたものでした。
このレコード・ジャケットを手にした時、「何!コレ!」と大打撃、ビックリしたものです。
A面1曲目『21世紀の精神異常者』は最近なにかのCMで使われていますね。



2017年3月20日月曜日

高中 正義 - Seychelles と 柳ジョージ&レイニーウッド - Time in Changes


Seychelles - front



Seychelles - inside


Seychelles - back


Album: SEYCHELLES (セイシェルズ)
Artist: 高中 正義
Label: Kitty Records
Released: 1976
Official Website: 高中正義 OFFICIAL WEB
Wikipedia article: 高中 正義                  



Tracklist

Oh! Tengo Suerte
Tokyo Leggie (トーキョー レギー)
Shinkirou no Shima E (蜃気楼の島へ)
Akogare no Seychelles Shotoh (憧れのセーシェル諸島)
Funkee Mah-Chan
Sayonara ...... Fuji San (サヨナラ...... Fuji さん)
Bird Island Express (バードアイランド急行)
Tropic Birds      



高中正義と柳ジョージのレコード。
わたしが持っている唯一の日本人ミュージシャンものであり、それぞれ10枚程手元にある。


こちらは高中正義のファーストアルバム『Seychelles(セイシェルズ)』。
夏が来る度に聴いています。
高中正義のアルバムの中でも特段に聴くのがこのアルバムで、

フェンダーギターの爽やかな音色に誘われてモワッとした湿気たっぷりの空気に包まれると
つい手が伸びている。









Album: Time in Changes
Artist: George Yanagi & Rainy Wood (柳ジョージ&レイニーウッド)
Label: Bourbon Records
Released: 1978
Wikipedia article:George Yanagi & Rainy Wood (柳ジョージ&レイニーウッド)


Tracklist

Cross Eyed Woman
Good Time Party
Hey Darling
Magic Box
Everything Had Changed
Time In Changes
Yotte Sou Rou (酔って候)
I Stand Alone
Matsuri Bayashi ga Kikoeru no Theme (祭ばやしが聞こえるのテーマ)
I Wanna Live With You



『Time in Changes』は柳ジョージが結成したバンド、柳ジョージ&レイニーウッドのファーストアルバム。
これぞ大人のロックという雰囲気が好きで若い頃『Hey daring』や『酔って候』をよく聴いていました。
当時の柳ジョージ、若さ炸裂!な声で歌っています。

二人のファーストアルバムは共にCDでも発売されているのでよかったら聴いてみて下さい。

 


 

2017年2月15日水曜日

Janis Joplin ‎– The Great Janis





Album: The Great Janis (邦題: コズミック・ブルースを歌う)
Artist: Janis Joplin (ジャニス・ジョプリン)
Label: CBS/SONY
Released: 1974
Official Website: Janis Joplin: The Official Site (English)
Wikipedia article:ジャニス・ジョプリン
                                Janis Joplin (English)
                       



                            




Tracklist

SIDE 1 
Try
Maybe 
One Good Man
As Good As You've Been To This World

SIDE 2
To Love Somebody
Kozmic Blues
Little Girl Blue
Work Me, Lord



ジャニスがこの世を去って半世紀近く経つが
未だに彼女を超える女性ヴォーカリストはいないと思う。

このアルバム内の『Maybe』『Kozmic Blues』は今聴いても
鳥肌が立ちます。